それなのに裸になって

村西とおるはアダルトビデオの監督です。今は昔のアダルトビデオを販売して稼いでいるみたいです。そして、たまにテレビに出演しています。

私は彼がテレビに出演しているのを見た事はありません。しかし、かなりの自由人みたいな感じです。

彼はもうとうに60歳を過ぎていますが、テレビでは裸になって笑いをさそうような事をやったらしいです。

60歳といったら、若い子からみたらおじいちゃんです。それなのに裸になって、笑いをとるなんて普通の人ならできません。

村西とおると同年代の人で、彼と一緒の事をできる人がどれほどいるでしょうか?全人口の1パーセントもいないと思います。

子供や家族の事を考えて、真似したくてもできないのが普通だと思います。それをあっさりやってしまう彼はすごいと思いました。

また、彼を理解してくれる奥さんと子供もすごいです。

村西とおるのインタビューで、彼は社会の底辺である存在になりたいと言っていたのを思いだしました。

彼は底辺になる事で、悩みを打ち明けにくる人を励ましたいそうです。

自分よりあなたはだいぶマシですよ、という意味で底辺だと言っていたんです。

これも、もうおじいちゃんになる人がなかなか言える事ではありません。